男の人

鍵屋でスペアキーの作成を行なおう|紛失対策にかかるコストを節約

ディンプルキーの修理

男性

複雑な構造だからこそ

昨今では、防犯のために自宅の鍵をディンプルキーにする人が増えています。ディンプルキーとは、小さな丸いくぼみが多く刻み込まれている鍵です。ディンプルキー用のシリンダーの内部には、針のような突起があり、ディンプルキーを入れると、その突起がくぼみに入ります。そして全ての突起がくぼみにおさまることで、鍵が開くという仕組みになっているのです。構造が複雑なので、ディンプルキーはピッキングしにくく、防犯に効果的ということで注目されています。しかし複雑だからこそ、くぼみまたはシリンダー内の突起に埃などの異物が詰まりやすく、開かなくなることがしばしばあります。そのような場合には、専門業者に鍵修理を依頼する必要があります。そのためディンプルキーが普及していくにつれて、専門業者による鍵修理の需要も高まっています。

作業内容や費用の相場

専門業者による鍵修理では、まずはディンプルキーおよびシリンダーから異物を取り除く作業がおこなわれます。詰まっている異物は、埃や塵がほとんどですが、手垢や油、虫などのこともあります。いずれの場合も丁寧に除去されますし、除去後には潤滑剤が塗布されます。これにより、施錠や開錠はもちろん、ディンプルキーのシリンダーへの出し入れもスムーズになるのです。また、シリンダー内の突起などが破損している場合には、鍵修理は部品交換によっておこなわれます。ディンプルキーそのものが折れている場合は、鍵修理ではなく丸ごと交換することが必要となります。異物の除去やシリンダーの部品交換にかかる費用は約1万円、ディンプルキーの交換費用は約2万円が相場となっています。